HOME>ホットトピックス>成功のためにはターゲットや媒体の選定は不可欠です

見てくれる人を決める

動画視聴

どんな映像制作であってもどんな人に印象を残したいのかターゲットを設定してください。訴求ポイントや向いている配信媒体なども異なってきます。年齢や性別だけでなく、住んでいる場所や職業なども考えられれば良いです。既に見込まれている客なのか、新しい客なのかも東京の映像制作会社に伝えましょう。最近は映像を人に伝える手段も多様化しています。テレビだけでなく、交通広告や公式サイト、SNSにまで範囲を広げています。それぞれに向いている世界観があり、適切な動画の長さや機材も媒体で異なります。メインの媒体は必ず決めておきましょう。

強みやメッセージを明確にするために

パソコン

映像制作の会社はクライアントの強みを求めています。これまで施策や動画があればなるべく提出しましょう。コミュニケーションも取るとクライアントの理解が進み映像制作もスムーズです。映像ではまず達成したい目標指数を決めましょう。視聴者数・クリック数・再生数など具体的な数値で出すのがポイントです。数値が明確なら戦略も考えやすくなります。映像の種類によっても伝えるメッセージも変わります。東京の映像制作会社に提出する資料も用意しましょう。非公開も含めて資料数が多いほど制作者側の役に立ちます。会社案内や事業紹介をはじめ、プレゼン資料や過去の取り組みも発表します。一見役に立たなさそうな資料も参考になるかもしれません。

広告募集中